後楽園

 岡山後楽園は、岡山藩主池田綱政公が家臣の津田永忠に命じて、貞享4年(1687)に着工、元禄13年(1700)には一応の完成をみました。その後も、藩主の好みで手が加えられましたが、江戸時代の姿を大きく変えることなく現在に伝えられてきました。また、江戸時代の絵図や池田家の記録、文物が多く残され、歴史的な変遷を知ることのできる、地方では稀な大名庭園となっています。

後楽園ホームページ
岡山城

 宇喜多直家・秀家によって築かれ、岡山藩主池田氏の居城となりました。3層6重の天守閣は、外壁の羽目板が黒いため別名烏城(うじょう)と呼ばれています。

岡山城ホームページ  
倉敷美観地区

 年間数百万人の観光客が訪れる、県内随一の観光名所。白壁に川辺の柳並木が映える一帯には、大原美術館、日本郷土玩具館など数々の文化スポットが点在しています。また、赤いレンガに蔦のからまる倉敷アイビースクエアは、倉敷紡績の工場跡。少し路地を入れば、石畳の道、雰囲気でてます。

美観地区ホームページ  
蒜山高原

 1000m級の上蒜山、中蒜山、下蒜山の蒜山三座の南裾野に広がる盆地。なだらかな山々をバックに、のんびりと草を食むジャージー牛。そんな牧歌的な光景が広がる「西の軽井沢」蒜山高原は都会がなくしてしまった何かを思い出させてくれる場所です。夏は、キャンプや登山、サイクリング、冬はスキーなどのアウトドアレジャーが楽しめます。

蒜山観光協会ホームページ